×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語の幼児教室はイーコラボで♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

英語の幼児教室が必要な訳

「我が子をバイリンガルに育てたい!」あなたのそのお気持ち本当に痛いほど良く分かります。だって私もそう願っている高2女子を持つ現役の母親ですから。
だけど、私の場合ちょっとばかり回り道をし過ぎました。掛かったコストも600万は下らないでしょう。
だから、あなたには回り道をして欲しくないと思いこのサイトを立ち上げました。
どうやったら効率的に我が子をバイリンガルに出来るのか?
子供の英語幼児教室は必要か?結論から先に言ってしまえば必要だと思います。

では何故私が子供をバイリンガルに育てる為には、英語の幼児教室が必要だと思うのか?私が子供の英語教育で失敗したなと思うのは次の3点を踏まえて説明して行きましょう。


【私が子供の英語教育で失敗したなと思う点】

・英語の高額教材の購入
・英語の幼児教室の選択
・バイリンガルの発音は早期教育でしか得られない

【高額の英語教材はいらない】

小さなお子さんをお持ちのママであれば、我が子をバイリンガルに!と、一度は英語の幼児教室の門を叩いたり、英語の教材の購入した事が有るかもしれません。


私も我が子をバイリンガルにする事にあこがれ、長女が小さい頃には様々な英語の教材や英語の幼児教室を試してみました。

例えばディズニーのキャラクターを使ったビデオ教材。長女が赤ちゃんの頃に購入しその教材を家事の合間に流しっぱなしにして、ビデオに子守をさせていました。

確かに日本語も話せない小さいころは、その英語のビデオにくぎ付けになり、画面をじっと見ていましたし、簡単なABCソングなどは覚えて歌い始めました。

でも、保育園に行くようになって、日本語を話したりお友達と当時流行っていた、セーラームーンなどのアニメを見るようになると、そうした英語ビデオよりも、日本語のビデオのものの方が良くなり、いつしか英語の教材はホコリをかぶってほったらかしになりました。

このディズニーの教材は50万以上したので、私も捨てる事が出来ずに、今でもタンスの奥底に眠っています。



【英語の幼児教室選びで失敗】

こうして、我が子をバイリンガルに!の夢に向けて、英語の教材ででつまいづいた私でしたが、「母は強し!」懲りずに、「やっぱり自宅学習ではダメかな?」と、今度は我が子を英語の幼児教室に通わせます。
その時には次女も生まれていたので、姉妹で近所の比較的大手がやっている子供英会話教室に通わせます。

こんどこそ、子供たちをバイリンガルに!と、期待していた母ですが、1年間通っても全く英語を話せるようにならないどころか、教室に行くのすら嫌がる子供たちの様子を見てさすがに私も子供たちをバイリンガルにする夢をあきらめました。

その時の先生は定年退職後の教師上がりのおばあちゃん。発音は勿論バリバリジャパニーズイングリッシュ。今なら、「それで週一回英語の幼児教室に行ってどうなる?

話せるようになる訳ないじゃん!」と、客観的に見る事が出来ますが、当時は幼児教育熱に侵されそれすら分からなかったです。


【長女の発音はジャパニーズイングリッシュ・・】


こんな失敗続きの私の「我が子のバイリンガル計画」ですが、もう長女も高校生に。
それでもあきらめきれずに、長女は高校2年の時にイギリスに留学させました。

1年も向こうで暮らしたらさすがに発音もバイリンガルらしくなって帰って来るだろう?と、期待しました。

しかしながら、長女の発音は相変わらずジャパニーズイングリッシュ・・。それでも、それなりの英語力は身に付いたので、それを生かして推薦で大学入試に臨む予定ではあります。

でも入試準備でTOFLEの学校に通うため、コストがかさみ、1年間の留学代と合わせて片手でやっとおさまるかどうか?

それに女の子だと、これだけ教育費をかけても将来はお嫁に行ってしまう確率が高いですから、子供の教育費程ハイリスクでリターンが望めない投資先って無いな〜と、思う今日この頃でした。

リンク集